建物耐震改修

ホーム » 建物耐震改修

阪神淡路大震災、東日本大震災は多くの人々の生命や家族の幸せを一瞬にして奪った。今やるべきことは何か!「地震に強い家」かどうかチェックすること。

 阪神淡路大震災では倒壊した木造家屋の下敷きになって亡くなった人は約500人、東日本大震災では津波によって亡くなった人が大多数であった。
 1982年(昭和57年)の建築基準法改正以前に建てた住宅が集中的に破壊された。当時の建築基準法に従って建てられた老朽化し十分な耐震性を備えていない住宅が未だ全国に1000万戸余り存在する。

イメージ

耐震判定のための問診チェックをしてみる

 問診チェックの評点結果に従って専門家による木造住宅耐震診断を受け、耐震補強の必要性を判断する。

耐震診断問診表

項目評点
1.建てたのはいつごろですか?
建てたのは1981年6月以降1
建てたのは1981年5月以前0
よく分からない0
2.いままでに大きな災害に見舞われたことはありますか?
大きな災害に見舞われたことがない1
床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇した0
よく分からない0
3.増築について
増築していない。または、建築確認など必要な手続きをして増築を行った1
必要な手続きを省略して増築し、または増築を2回以上繰り返している増築時、壁や柱を一部撤去するなどした0
よく分からない0
4.痛み具合や補修・改修について
傷んだところは無い。または、傷んだところはその都度補修している。健全であると思う1
老朽化している。腐ったり白蟻の被害など不都合が発生している0
よく分からない0
5.建物の平面はどのような形ですか? (1階の形状に着目します)
どちらかというと長方形に近い平面1
どちらかというとLの字・Tの字など複雑な平面0
よく分からない0
6.大きな吹き抜けがありますか?
一辺が4m以上の大きな吹抜はない1
一辺が4m以上の大きな吹抜がある0
よく分からない0
7.1階と2階の壁面が一致しますか?
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がある
または、平屋建である
または、枠組壁工法の木造(ツーバイフォー工法)である
1
2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がない0
よく分からない0
8.壁の配置はバランスが取れていますか?
1階外壁の東西南北どの面にも壁がある1
1階外壁の東西南北各面の内、壁が全くない面がある0
よく分からない0
9.屋根葺き材と壁の多さは?
瓦など比較的重い屋根葺材であるが、1階に壁が多い。
または、スレート・鉄板葺・銅板葺など比較的軽い屋根葺材である
1
和瓦・洋瓦など比較的重い屋根葺材で、1階に壁が少ない0
よく分からない0
10.どのような基礎ですか?
鉄筋コンクリートの布(ぬの)基礎またはベタ基礎・杭基礎1
その他の基礎0
よく分からない0
評点の合計判定・今後の対策
10点ひとまず安心ですが、念のため専門家に見てもらいましょう
8~9点専門家に見てもらいましょう
7点以下心配ですので、早めに専門家に見てもらいましょう

専門家による木造住宅耐震診断と耐震補強

耐震診断の進め方

耐震判定のための問診チェック

建物の耐震性を確保する要所

  • ・耐力壁の量が不足していないか
  • ・耐力壁の配置がバランスを崩していないか
  • ・構造材の接合に接合金物を使ったか
  • ・木材の腐朽やシロアリ被害はないか
  • ・無筋の基礎など、基礎に脆弱さはないか
  • 耐力壁と配置

  • 接合金物

  • シロアリ

  • 耐震フレーム・後付ブレース