高齢者の住まい・保育園

ホーム » 高齢者の住まい・保育園

少子高齢化が拍車をかける高齢者、障がい者の住まいの多様化

 我が国は夫婦と未婚の子どもだけの核家族が地域の多数派となっている。
 それに合わせた住まいや生活方法が一般的になって、高齢者や障がい者の住まいは多種多様になります。

イメージ

月毎に5000戸増加するサービス付き高齢者向け住宅

 わが国の全高齢者に対する高齢者住宅の割合0.9%(2005年調査)、これを2020年までに35%へ増加する国交省の成長戦略は各居住戸の床面積25㎡以上等の登録基準と新築100万円/等の補助金制度を軸に民間投資を後押しする高齢者住宅の増加は入居者の自由な選択を促し、事業者は入居者に選んでいただけるハード・ソフトの整備で競合に備える。

イメージ

  • イメージ

  • イメージ

低所得者向け高齢者住宅

 月額の入居賃料は受給年金を充当し、介護サービスは介護保険を利用する。
 地方の競合市場では月当たりの賃料・共益費・食費の合計で10万円以下の事業者が運営を始めている。
 サービス付高齢者住宅の事業化に先立ち、住宅建設の初期投資、レンタブル比の低い平面計画(共用部分は住居部分の4?5倍)のための賃貸料金の100倍とする建設予算計画は論外であるが、低所得者向け高齢者住宅の場合は建設計画の適否が事業運営の正否に関わってきます。

イメージ

地主向け住宅賃貸事業

 地主は高齢者住宅事業での資産運用は賃貸管理会社とリース契約し、賃貸管理会社はサブリースに特化し、ソフトサービス提供は介護事業所に委託、食事サービスは給食業者に委託する方法で高齢者住宅事業に関わります。

イメージ

イメージ

  •  保育園や社会福祉施設の建設事業に携わる実績を活かして、入居される方々に快適な住まいの環境を提供して参ります。

  • ガーデンタイム

  • ベルガモット

  • 波志江3

  • 若竹保育園

  • 梅花保育園

  • こまくさ保育園

  • 二葉保育園運動場

  • 共和梅花保育園