外張り断熱注文住宅

ホーム » 外張り断熱住宅 » 施工例 » 資産価値のある家

資産価値のある家

日本の住宅耐用年数は最低の30年。

 日本の戸建住宅の耐用年数(寿命)は一般的に30年と言われています。
 これは欧米諸国に比べると格段の違いがあります。
 欧米諸国の【外断熱】に対し、日本では【内断熱】が主流でした。
 内断熱の日本の住宅がなぜ短命だったのか・・・・

イメージ

結露現象の抑制で、住宅寿命が大幅に延びる↑↑ 

 近年では日本の住宅設計の考え方も大きく変化し、高性能・長寿命へシフトしてきました。壁体内の結露をなくし、構造部材の腐食を防ぐ事で、住宅寿命が大幅に延びるのです。
 また、将来的には土地だけではなく建物にも資産価値を持てる時代がやってくるといわれています。
 つまり、使い捨ての住宅ではなく耐用年数の長い住宅を造り、中古住宅を欧米のように住み替えていくことになるのです。

イメージ